アクセスカウンタ

<<  2007年4月のブログ記事  >>  zoom RSS

トップへ


ファジョン(花のチヂミ)

2007/04/30 13:22
画像


今日は曇りのソウルです。

「ファジョン」って聞いたことありますか?
ファジョンとは、花のチヂミのことです。ファ(花)+ジョン(チヂミ)で、パジョンは、パ(ネギ)+ジョン(チヂミ)=ネギのチヂミです。

もち米の粉のチヂミにツツジをのせて焼いてあります。
きれいでしょう。

春のお花見にちょうどいいお菓子です。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


ソ・ジソプ 軍服務、終了

2007/04/27 11:29
ソ・ジソプが軍服務を終えファンたちの元へ戻ってきた。

27日午前9時、ソ・ジソプはソウル市麻浦区庁で26カ月間の軍服務を無事に終え召集解除された。

ソ・ジソプは出迎えた1000人余りのファンたちに向かい、「遠いところ来てくださってありがとうございます。これから一生懸命がんばり、声援に応えたいと思います」と短く所感を述べた。

2005年2月28日、京畿道高陽市30師団必勝部隊新兵教育隊に入所したソ・ジソプは、4週間の訓練を終えた後、麻浦区庁で勤務してきた。

画像
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


三清閣(サムチョンガク)

2007/04/26 13:45
今日は、春のソウル、おすすめ第2回です。

ソウルの北に位置する三清閣(サムチョンガク)は、北岳山の中にあります。訪れる人々が「ソウルにこんなところがあったの」と感嘆してしまうような、都会の真ん中で自然を感じることが出きる場所です。

観光やショッピングの合間に、自然の中で、春の芽吹きを味わってみませんか?

三清閣(サムチョンガク)とは、1972年に設立されたこの建物は、70-80年代に韓国の政治家たちが重要な交渉や晩餐会を行ったところ。
この後2000年にソウル市がこの土地と建物を文化施設に指定し、2001年10月に新しい文化空間として生まれ変わりました。
広い敷地に6棟の伝統家屋が建てられており、レストラン、伝統工芸の教室、公演スペース、また客室などとして使われています。

タクシーでも行くことが出来ますが、ソウル市内から無料のバスも出ています。

シャトルバス路線:
三C閣(出発)→景福宮(8分所要)→世宗文化會館(2分所要)→プラザホテル(10分所要)→プレスセンター(2分所要)→教保文庫(3分所要)→景福宮(5分所要)→三C閣(到着/10分所要)

シャトルバス乗り場:
景福宮−地下鉄3号線「景福宮駅」と「安国駅」の中間にある現代ギャラリー前
プラザホテル−地下鉄1号線「市庁駅」の6番出口から出たソウルプラザホテル前
教保文庫−地下鉄5号線「光化門駅」の3番出口から出たバス停横

画像
観覧時間:10:00−22:00
休業日:年中無休
入場料:無料


記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


昌徳宮

2007/04/25 14:08
画像


旅行をするには最高の季節になってきました。日本は雨続きだそうですが、ソウルは晴天の日が続いています。暖かくて、散歩日よりです。

ソウルにある古宮を巡る旅行もいいですね。今日はその中でも特に美しい昌徳宮を紹介します。

昌徳宮は、1405年に朝鮮王朝の第3代王太宗が離宮として建てた王宮。王たちの憩いの場として使用された後苑は300年を超える巨木と池、東屋など造園施設が自然と調和を成した所です。
敦化門を通り昌徳宮に入ると、右側に太宗11(1411)年に造成されソウルに残っている石橋の中で最も古い橋である錦川橋があり、その橋を渡ると他の所の正殿とは異なり屋根の棟の花模様が独特な仁政殿がありますが、これは日本が朝鮮王室を一家門に格を下げるために付けたものだと言われています。また昌徳宮の塀と昌慶宮の塀の間のセメント道路を歩いていくと後苑があり、韓国を紹介する写真に最もよく登場する芙蓉亭と宙合楼などが観光名所となっています。

世界文化遺産・昌徳宮は、今までガイドの案内に従って、決められた時間とコースに沿ってのみの観覧が許されていました。 しかし今回の自由観覧実施により、毎週木曜日にのみ昌徳宮全域が自由に観覧できるようになりました。(毎週、月曜日はお休みです。)

グッドモーニングツアーのツアーセンターは昌徳宮の前にあります。昌徳宮の散策の後、おいしいコーヒーを飲みにツアーセンターへお立ち寄りください。(場所は、昌徳宮を背にして、T字路の左側です)

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


春の果物〜

2007/04/23 13:01
アンニョンハセヨ。
ソウルも桜がほぼ散り、道路わきの銀杏並木の新緑がきれいになってきました。
今日も晴天で、気持ちのいい天気です。

韓国では、年中、人通りの多い、駅前やバス停前、マンション団地の入り口などで、写真のようにトラックで来て、果物などを売っています。

ここでは、りんご、マクワウリ、トマト、ミニトマト、なし、キンカンが売られています。マクワウリは、春から初夏にかけて、たくさん食べられる果物です。どこの家に遊びに行ってもよく出てきます。(韓国語でチャメと言います)

りんごとなしは、一年中ありますね。法事に必要ということが大きいかもしれません。

韓国でトマトは、果物なんです。(野菜だとは思っていても、食後のデザートとして食べます)ミニトマトは、ショートケーキの上にも乗っていますし、大きいトマトは、切って、砂糖を振りかけて食べたりもします。

いちごもたくさん売られてますし、スイカも店頭に並び始めました。

旅行の際は、外食が続き、疲れもたまっているので、果物を多く取ることをお勧めします。みなさんも韓国旅行で、屋台で果物を買ってみませんか〜?

画像
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


ヨン様マニアのためのスペシャルツアー

2007/04/20 12:28
アンニョンハセヨ。今日は、雨模様のソウルです。

春になり、いよいよ観光シーズン到来です!初めての韓国旅行という方も多いことでしょう。
テレビで「冬のソナタ」が好きで、ずっと観ていたというあなた。
やっぱりペ・ヨンジュンさんよね、というあなた。
この機会に「ヨン様マニアのためのスペシャルツアー」に参加してみませんか?

「ヨン様マニアのためのスペシャルツアー」は、「冬のソナタ」や「初恋」を中心としたドラマのロケ地を回ったり、ペ・ヨンジュンさんのプライベートな部分が見られる場所まで、一日でヨン様が満喫で切るツアーです!このツアーでペ・ヨンジュンさんの魅力をご堪能ください^^

ツアーコース :
ホテル〜
春川(チュンサンの家)〜南怡島(メタセコイヤの並木道、ファーストキスのベンチ、チュンサンとの別れの場所、ユジンが歩いた枯木、カフェ「恋歌」)<冬のソナタ>〜南怡島で昼食(各自)〜

プラザホテル<冬のソナタ>〜中央高校、ユジンの家<冬のソナタ>〜ツアーセンター(コーヒーサービス)〜成均館大学校<初恋、ペ・ヨンジュン氏在籍学校>〜マルシアン<冬のソナタ>〜BOF(ペ・ヨンジュン氏所属事務所)〜

夕食(ゴリラ・イン・ザ・キッチン:各自)〜ヨン様の美容室、自宅通り(経由)〜シェラトンウォーカーヒル(アストンハウス、サファイアヴィラ、シロッコ、スターライト、カジノ)<ホテリアー>〜ホテル

ツアー代金 :129,000 ウォン ( 17,000 円 )
所要時間 : 07:30〜21:00
料金に含まれるもの : 交通費、日本語ガイド、 乗船料 、お飲み物(コーヒーorお茶)、ソウル市内主要ホテル送迎サービス

時間がないという人のために、ヨン様マニアのためのスペシャルツアー(午後コース)もあります。

詳細&お問い合わせは
http://yonsama.co.kr/

画像

記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0


清渓川ウォーキングツアー(タッカンマリ編)

2007/04/19 14:23
今日は、タッカンマリの食べ方について紹介します!

1)トック(餅)につけるソースを作る。からしやキムチの
汁なども入れる特別ソースです。
2)ぐつぐつと煮えているタッカンマリの鍋の中にトックを入れて、
やわらかくなるまで茹でる。
3)鶏一羽をハサミで切って、食べやすくする。
4)手打ち麺を入れて、程よい硬さになるまで茹でて、食べる。

タッカンマリは、ただの鶏鍋ではありません。
トックも、トッポギやトッグク(韓国式お雑煮)とはまた違った味ですし、
チキンスープでいただく手打ち麺も絶品です。

食べたくなってきました。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


清渓川ウォーキングツアー(昼食編)

2007/04/18 12:57
清渓川ウォーキングツアーのお勧めのひとつは、なんと言っても昼食です!

ここでの昼食は、皆さんにはなじみのない、しかしとってもおいしい「タッカンマリ」です。タッカンマリとは、鶏が一羽、丸ごと入っている鍋で、ここにトック(餅)や手打ち麺を入れて食べる料理です。スープもコクがあって、おいしいですし、お持ちの食べ方も独特です。店も観光客には入りにくい、地元の人たちに人気の庶民的な店です。

清渓川の散策の後、タッカンマリで満足も2倍でーす^^
明日は、タッカンマリの食べ方について紹介します。

詳細は、
http://yonsama.co.kr/



記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


ヨン様のパークBOF移転のお知らせ

2007/04/17 11:37
アンニョンハセヨ。
今日は、パークBOFの移転についてお知らせします。

パークBOFとは、ペ・ヨンジュンさんの写真や個人のゆかりの品、撮影セット、書斎などがある、ペ・ヨンジュンさんギャラリーです。「四月の雪」の撮影の際に使われたベンチがあり、写真をとることができます。(合成して、ヨンさまと一緒に記念撮影したようになるそうです)

元々は、ペ・ヨンジュンさんの所属事務所だったのですが、ファンが一日に平均200人ずつ訪問するようになったため、改装をしてファンのために公開できるギャラリーにしたものです。

新しく移転する先は、皆さんおなじみのインサ洞! 伝統茶を飲んだり、お土産を買いながら、パークBOFに立ち寄るものいいですね。どんなギャラリーになるか、楽しみです!

 *移転先:ソウル市チョンノ区インサ洞157”サン”ギャラリー3階
 *移転による休日:4月22日〜4月27日(21日までは通常通りノンヒョウン洞で営業)
 *仮オープン:4月28日
 *グランドオープン:5月8日
 *入場時間:10:00〜19:00
 *行き方:地下鉄3号線安国駅から徒歩5〜10分
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


フラフープ

2007/04/16 14:29
日本でフラフープと言えば、「あぁ、昔はやったやつね」という感じですが、こちら韓国では、今でも日常的に使われています。韓国でフラフープは、遊びではなく、エクササイズ(運動)です。健康のため、ダイエットのための運動なんです。腰を鍛え、おなかの肉をそぎ落とすためのエクササイズなのです^^

この写真は、わかりにくいのですが、休日の午後、公園で、おばあちゃんと孫が仲良くフラフープをしている写真です。男の子が石の上でフラフープをしています。
公園や山、家の中などで日常的にフラフープをしている韓国人はた〜〜〜くさんいます。

ところ変われば、ってやつですね^^
おもしろいでしょ。

画像

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


カボチャのお粥(ホパクチュック)

2007/04/11 13:42
ソウルも暖かくなってきました。春ですね。
春は気温の変化が激しく、雨が降ったり風が強かったりと体調を崩しやすい季節です。

そこで、今日はそんな時に食べたい、胃にやさしく、栄養満点のカボチャ粥を紹介します。
かぼちゃは、カロリーが低く、繊維の含有量が多い優秀な食べ物です。

韓国では、おかゆをよく食べます。一番有名なのが、あわび粥です。栄養価の高いあわびでおかゆを作ります。高級おかゆです^^ 野菜粥もたくさんあり、カボチャ粥のように、米が入っていないお粥もたくさんあります。小豆粥、松の実粥などがそうです。

おかゆ専門店などもあるので、次回の韓国旅行では、おかゆにトライしてみるのも良いかもしれませんね。

材料 (3人分)
まずはじめに・・・ カボチャ1/2、餅米粉150g、そら豆100g、あら塩3g、砂糖3g、水2リトル

画像


1.カボチャをスライスし皮をむいておきます。鍋に水を入れむいたカボチャを入れて1時間ほど崩れやすくなるまで煮込みます。

2.煮込んだカボチャをしゃもじで丁寧に崩し、そら豆を入れもう5分ほど煮込みます。

3.カボチャを煮込む間、餅米粉にあら塩を入れ交ぜます。交ぜた餅米粉に水50ccほど入れ適当に交ぜます。餅米粉が数多く固まり粉も残ります。

4.3の材料全て(残った粉まで)を煮込んだカボチャの中に入れ蓋を開けたままにし、中火で沸騰させます。時々しゃもじで下の部分が焦げないように全体をかき混ぜます。

5.ポタポタと固まりのお餅が鍋の上に浮いてきたら砂糖を入れお好みの甘さに味付けます。

画像


美味しいカボチャお粥の出来上がりです。皆さんもぜひ試してください!
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


ミュージカル・大長今(チャングム)

2007/04/10 14:11
アンニョンハセヨ。グッドモーニングツアーです。

世界に羽ばたくミュージカルとしてよみがえったチャングム(大長今)!!
2年近くに及ぶ製作期間中スタッフを悩ませたのは54部作のドラマを
いかに160分のミュージカルに再構成するか?
よりドラマッティックに展開するミュージカル版「チャングムの誓い」!!

*ミュージカル名:「大長今(テチャングム)」
*日時:2007/05/26(土)〜2007/06/17(日)
     火・水・木・金 19:30〜
     土        15:00〜、 19:30〜
     日・公休日   14:00〜、18:30〜
   (月曜は定休)
*会場:芸術の殿堂オペラ劇場
*チケット(代行・郵送料込み/ウォン)
   :テチャングム席:200,000 

*ご予約・お問い合わせはtabi@yonsama.co.krまで!!  
  
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


利川陶磁器祭り

2007/04/06 12:36
ソウルから約1時間の場所にある利川は、周りを山に囲まれ、300以上の窯元がある、韓国陶磁器の中心地です。来る4月28日から5月27日まで利川陶磁器祭りが開催されます。今年でなんと21回目です。

利川のほとんど全ての陶磁器業者が参加するこのお祭りでは、陶磁器の名匠による陶磁製作過程試演、伝統窯火入れ、陶芸教室など様々な見どころと体験イベントで韓国の陶磁器に対する独特な美しさを感じるのに充分な機会となります。また無料で直接陶磁器ろくろ体験もできるのもポイント。 様々なイベントの中でも伝統窯火入れは逃せないイベントです。ブリーフィングルームでは、陶磁器とお祭りに対する全てを映像で見ることもでき、 土と陶磁器をテーマにした様々な参加イベントを通じて陶磁文化の学習と体験の広場を提供しています。

グッドモーニングツアーでは、利川陶磁器村ツアーをご用意いたしました!
暖かい春の季節に、韓国の郊外の自然に触れながら、また一味、違った旅をして見ませんか?
このコースでは温泉浴、利川お米定食や陶磁器体験、ショッピングなどが楽しめます^^
利川は、昔から水と土がきれいでお米がおいしく、温泉、陶磁器で有名な街です。

ツアー名 : 利川陶磁器村
- 催行人数 : 4名
- ツアー代金 : 89,000 ウォン ( 12,000 円 )
- 所要時間 : 09:00〜17:00
- ツアーコース : ホテル→利川陶磁器(韓国陶芸)→海剛美術館→昼食(利川韓定食)→温泉→木芽博物館→ホテル
- 予約締め切り : ご参加の五日前までお申し込みください。それ以降は直接お電話でご予約ください。
- 料金に含まれるもの : 交通費、日本語ガイド、観光地の入場料、昼食(利川韓定食)

詳細&お問い合わせ
http://www.yonsama.co.kr
tour@koreahas.com

画像

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


ソウル女性映画祭

2007/04/04 12:11
アンニョンハセヨ!春ですね。まだまだ寒いソウルですが、桜も少しずつ咲き始めました。レンギョウもたくさんの場所で咲いていて、バスに乗っていても黄色やピンクの花が増え、気持ちいいです。

さて、今日は、ソウル女性映画祭の紹介をします。

「女性の視点で世界を見よう」と1997年から始まったこの映画祭は、今年で9回目。今年のテーマは、「女性・少数者の声で、話す」です。29カ国からの100作品を上映します。

政府や企業からの支援を受けながら、規模もますます大きくなってきたソウル女性映画祭。海外からの参加者も増えてきました。女性だけでなく、男性の観客も多いのが、この映画祭の特徴かもしれません。新村という延世大学や梨花女子大学のお膝元という場所柄、大学生が多いですね。週末の上映作品は、すぐに売り切れになってしまうくらいです。

映画祭の期間中は、会場の周りがお祭りのようになります^^ ダンスや歌の公演や参加型のイベントもなどもあって楽しいです。もちろん監督との対話や討論会などもあります。

皆さんも機会があれば、のぞいてみてくださいね。

*期間*
4月5日(木)〜 4月12日(木)

*場所*
ソウル・新村 アートレオン(映画館)
The 9th Women’s Film Festival in Seoul (WFFIS 2007)

写真は、開幕作品「アトニオ」の一場面です。
画像
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


− タイトルなし −

2007/04/02 12:54
アンニョンハセヨ。

昨日、日本は夏のようだったとか。静岡で30℃を越えた!というニュースには本当に驚きました。 今日もまだ肌寒いソウルです。朝と晩はまだ冷えます。(オンドルもつけていますよ)

春の韓国では、黄砂が風物詩になってしまいました。(いいことではないのですが)昨日は特にひどかったです。

日本の皆さんは、ひどい黄砂を経験されたことがないと思います。どんなものかといいますと、見た目は霧のようです。今日は霧が濃くて、遠くが見えないなぁと思っていると、それは黄砂だったりします。実際には、砂でじゃりじゃりしているとかあまり感じません。しかし、夜になるとのどが痛かったり、頭が痛かったり、風邪っぽかったりと症状が現れます。黄砂はとても細かいので、鼻や口から吸い込んで、肺の中まで入ってしまったり、目の中に入ったりします。洋服にもたくさん付きます。

対策としては、外出にはマスク、めがね(サングラス)をする。帰宅後、うがい・手洗いをする。洋服に付いた黄砂をはたく。洗濯物は外に干さない。なるべく外に出ない。などがあります。

春に韓国旅行をする際には、くれぐれも黄砂に注意してくださいね!


記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


<<  2007年4月のブログ記事  >> 

トップへ

韓国・韓流・旅行好き集まれ〜! 2007年4月のブログ記事/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる