アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「ツアー」のブログ記事

みんなの「ツアー」ブログ


「見つめなおす歴史ツアー」!!  

2007/05/10 10:48
アンニョンハセヨ。グッドモーニングツアーです! 
ソウルも初夏の日差しがまぶしくとても気持ちよい天気が続いています。 
今回は新しいツアーを皆様にご紹介いたします。その名も「見つめなおす歴史ツアー」!!  

ツアーの紹介  韓国には、日本による植民地時代の悲しい過去があります。 この不幸な歴史を二度と繰り返さないために、また、歴史離れが進んでいる若い世代にも伝えようとたくさんの記念館や歴史館、公園などがあります。 韓流ブームでより身近になった韓国旅行。今回は韓国の歴史について考えてみませんか? ツアーガイドによる詳しい解説と共に、今までとは違う「韓国」に触れることでしょう。

<西大門刑務所> かつて日本に対して独立運動を行った韓国人の監獄であった。一度ここに投獄されたら生きて出ることはできないと恐れられた場所。罪のない多くの韓国人が残酷な拷問と監獄生活の末に、また、処刑によって命を落とした。 <独立門公園> 殉国烈士追追悼塔や3・1独立宣言記念塔などがある。

<タップコル公園> 1919年3月1日、日本の植民地支配からの民族の独立宣言が行われた、歴史的な場所。 独立運動の場面を描いたレリーフや3・1独立運動記念塔などがある。今は、老人たちの憩いの場所となっている。

<安重根義士記念館> 1909年10月26日、中国東北部ハルビン駅で、初代統監である伊藤博文を暗殺した安重根(アン・ジュングン)義士の記念館。南山公園の一角にあり、義士に関する資料が展示されている。

 <トッポッキ>  韓国人なら誰でも大好きなトッポッキ。新堂洞(シンダンドン)のトッポッキ横丁がガ有名。 
約20件のトッポッキ店が軒を連ねる。  

*ツアー名:見つめなおす歴史ツアー 
*ツアーコース:ホテル→独立門公園→西大門刑務所→タプコル公園→安重根義士記念館→ シンダンドン・トッポッキ→東大門市場前解散  
*ツアー料金(2名様から):お一人様69,000ウォン 
*料金に含まれるもの:日本語ガイド、交通費、入場料、昼食 (トッポッキ)   
詳細はwww.yonsama.co.krまで!!


記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


探検しよう!北村(プッチョン)ウォーキングツアー

2007/05/01 14:19
画像


朝鮮時代、現在のソウルが漢陽(ハニャン)と呼ばれていた頃、
四つの大門の中でも景福宮と昌徳宮の間にある町を北村(プッチョン)といいます。

北村(プッチョン)は朝鮮時代から風水的にも優れていて、
漢陽(ハニャン)政治・文化・行政の中心地でした。

1960年からの江南開発事業により、現在は古今の風景が共存する町に変わりました。
伝統韓屋保存地区として、各分野の職人達の工房や博物館がある伝統の町になりました。

北村(プッチョン)の韓屋村を気軽に散歩しながら、
韓国の伝統文化に触れてみませんか。きっとステキな時間になると思います。
ドンリム結び目工房 :韓国伝統の結び目が展示されている工房です。
ノリゲ(チマチョゴリ着用の際の装飾品)はじめ、
携帯ストラップまで様々な形の「結び目」と出会うことができます。(日曜日定休)

嘉会(ガフェ)博物館:伝統のお守り(750点)・民画(250点)などの1,500点の民俗資料が展示されている博物館。
お守りの拓本と簡単な茶道の体験ができます。

所要時間2時間のウォーキングコースです


ツアー名 : 探検しよう!北村(プッチョン)ウォーキングツアー
- ツアー代金 : 30,000 ウォン ( 4,000 円 )
- 所要時間 : 10:00〜12:00
- ツアーコース : ホテル→北村文化センター→ドンリム結び目工房→嘉会(ガフェ)博物館(伝統のお守り拓本体験、茶道体験)→ 韓屋村ウォーキング→グッドモーニングツア-センターでティータイム→ホテル

月曜日はお休みです。

お問い合わせ&ご予約
http://yonsama.co.kr/

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


清渓川ウォーキングツアー(タッカンマリ編)

2007/04/19 14:23
今日は、タッカンマリの食べ方について紹介します!

1)トック(餅)につけるソースを作る。からしやキムチの
汁なども入れる特別ソースです。
2)ぐつぐつと煮えているタッカンマリの鍋の中にトックを入れて、
やわらかくなるまで茹でる。
3)鶏一羽をハサミで切って、食べやすくする。
4)手打ち麺を入れて、程よい硬さになるまで茹でて、食べる。

タッカンマリは、ただの鶏鍋ではありません。
トックも、トッポギやトッグク(韓国式お雑煮)とはまた違った味ですし、
チキンスープでいただく手打ち麺も絶品です。

食べたくなってきました。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


利川陶磁器祭り

2007/04/06 12:36
ソウルから約1時間の場所にある利川は、周りを山に囲まれ、300以上の窯元がある、韓国陶磁器の中心地です。来る4月28日から5月27日まで利川陶磁器祭りが開催されます。今年でなんと21回目です。

利川のほとんど全ての陶磁器業者が参加するこのお祭りでは、陶磁器の名匠による陶磁製作過程試演、伝統窯火入れ、陶芸教室など様々な見どころと体験イベントで韓国の陶磁器に対する独特な美しさを感じるのに充分な機会となります。また無料で直接陶磁器ろくろ体験もできるのもポイント。 様々なイベントの中でも伝統窯火入れは逃せないイベントです。ブリーフィングルームでは、陶磁器とお祭りに対する全てを映像で見ることもでき、 土と陶磁器をテーマにした様々な参加イベントを通じて陶磁文化の学習と体験の広場を提供しています。

グッドモーニングツアーでは、利川陶磁器村ツアーをご用意いたしました!
暖かい春の季節に、韓国の郊外の自然に触れながら、また一味、違った旅をして見ませんか?
このコースでは温泉浴、利川お米定食や陶磁器体験、ショッピングなどが楽しめます^^
利川は、昔から水と土がきれいでお米がおいしく、温泉、陶磁器で有名な街です。

ツアー名 : 利川陶磁器村
- 催行人数 : 4名
- ツアー代金 : 89,000 ウォン ( 12,000 円 )
- 所要時間 : 09:00〜17:00
- ツアーコース : ホテル→利川陶磁器(韓国陶芸)→海剛美術館→昼食(利川韓定食)→温泉→木芽博物館→ホテル
- 予約締め切り : ご参加の五日前までお申し込みください。それ以降は直接お電話でご予約ください。
- 料金に含まれるもの : 交通費、日本語ガイド、観光地の入場料、昼食(利川韓定食)

詳細&お問い合わせ
http://www.yonsama.co.kr
tour@koreahas.com

画像

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


水原華城&韓国民俗村ツアー

2007/03/30 13:15
画像


アンニョンハセヨ。まだまだ肌寒いソウルです。

私は昨日、「水原華城&韓国民俗村ツアー」に参加してきました。今後、その報告を何回かに分けてしていきます。

水原華城は、1997 年12月に世界文化遺産に指定されました。観光列車に乗りながら、城壁の全体を見学しました。

この写真は、華虹門(ファホンムン)です。華城には水原川が南北を横切り流れており、城がつながった部分には水門を 設置し、北側には北水門、南側には南水門が作られています。この華虹門は華城の北水門として7つの虹模様の水門が設置されています。川の両側にある柳の新緑が、きれいでした。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


清渓川(チョンゲチョン)

2007/03/26 14:08
この川に架かる22の橋の中には以前架かっていた橋を再現したものがあったり、現代アートのオブジェや市民の手による壁画などもあって文化的に楽しめる他、緑豊かな散歩道も整備されているので川沿いを歩くだけでも楽しめます。
近くには仁寺洞や東大門、光化門もあり、アクセスも便利です。

清渓川(チョンゲチョン):
光化門の東亜日報社前から流れる約5.8キロの区間に作られた人工の川。もともとこの地に流れていた川が都市の発展に伴い汚染が進んだため、覆蓋工事を進め1968年には高架道路も建設されていた場所でした。
しかしこの高架道路も老朽化したため、本来の川の姿を取り戻し緑あふれる地球に優しい街づくりのためソウル市が2年以上かけて復元工事を行い、2005年10月に新しい清渓川が完成したのです。

*ソウル市内ツアーでは、清渓川も観光します^^
くわしくは:http://yonsama.co.kr

画像
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


キム・サムスンツアー

2007/03/07 14:19
画像








先日、「私の名前はキム・サムスンツアー」に参加してきました〜!
雪が舞う、寒い日でしたが、ドラマの主題歌を歌いながら、楽しんできました。
ツアーの報告をしま〜す。

ジンガン寺
ジンホンの兄の位牌が安置されていた寺。思ったよりも感じがよく、きれいなお寺だった。

ヒルトンホテル内のカフェ
サムスンとジンホンが出会ったカフェ。ドラマで見た感じより、少し狭いかなと思った。

サムスンの家 
この家を守るためにジンホンとの契約恋愛が始まる。中に入ることができたらブランコや花壇前でハイ、ポーズ!
入れない場合も外から家の全体が見えるのでご安心!ツアーに参加した人たちが、一番楽しみにしていたところ。この日は中に入れたので、写真をたくさんとりました^^

鐘路区役所
サムスンが改名申請を、ジンホンはそれを阻止しようと人まで雇う。
サムスンの真似をしたい方は必ずスカーフを!(笑)ガイドさんから「あなたも改名したら」と用紙を渡され、大爆笑。

ツアーセンター
グッドモーニングツアーのツアーセンターで、美味しいコーヒーまたは緑茶をサービスいたします。
ドラマに出てきた豚のイーホルダーをもらい、大満足!


南山ケーブルカー
ヒジンとジンホンの乗ったケーブルカーがすれ違う場面。
この日は雪が降り、30分待ちだったため、泣く泣く断念。


南山ポッポ(キス)階段
ラストシーンのロケ地。ジンホンとサムスンがキスした場所。
韓流ドラマロケ地のメッカで、『ガラスの華』、『美しき日々』、『パリの恋人』などでも登場。 

ロッテデパートにて解散。楽しいツアーが終わり、また『私の名前はキムサンスン』を観たくなりました〜。

詳細&お問い合わせは
http://www.yonsama.co.kr
tabi@yonsama.co.kr




記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


トップへ | みんなの「ツアー」ブログ

韓国・韓流・旅行好き集まれ〜! ツアーのテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる