アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「韓国旅行」のブログ記事

みんなの「韓国旅行」ブログ


清渓川(チョンゲチョン)

2007/05/14 14:52
画像


きれいでしょう!!

清渓川(チョンゲチョン)で家族と共にする光の祭典・Luci Festa」での一場面。
清渓広場から長通橋(ジャントンギョ)までの約750メートルにわたる区間で、今月27日まで開かれます。

この間、ソウルに来られる方は、ぜひ清渓川に立ち寄ってきてくださいね〜。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


今日のソウル

2007/03/21 12:29
アンニョンハセヨ^^ 朝晩は、ちょっと冷えるソウルです。

先週、延世大学(日本でいうと、早稲田大学みたいな感じ)に行ってきたのですが、広い構内にある山ツツジが、ちらほら咲いていました。この大学は、韓国語学堂があるので、日本からの留学生も多く、皆さんもよくご存知かと思います。

山ツツジは、日本の濃いピンクのツツジとは違い、花はちょっと小ぶりで、色は薄ピンク。
この大学の山ツツジは、満開になると、道の一面が全部ピンク色になり、とてもきれいです。
週末には家族連れなども、花を見に来たり、写真撮影をしに来たりします。

ドラマや映画の撮影にもよく使われ、「猟奇的な彼女」の撮影もここで、されました。

満開になったら、写真も紹介しますね^^
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


ヘンリーが滞在していたたゲストハウス

2007/03/16 12:58
アンニョンハセヨ^^。とうとう、『私の名前はキム・サムスン』のヘンリーが滞在していたたゲストハウス「楽古斎(ナッコジェ)」に行ってきました。

韓国の伝統家屋がステキに保存されていて、その美しさに感動してしまいました。

ゲストハウスとういうよりは日本の旅館に近いですね。「楽古斉(ナッコジェ)」とは、
「昔の趣を感じることによって澄んだ穏やかな心が自然と湧き出る場所」だそうです。
( 何だかむずかしい。)
             
ナッコジェの入り口。ソウルの景福宮と昌徳宮の間にある北村(ブッチョン)にあります。
都会の中にふってわいたような別世界、不思議な気持ちになりました。

ナッコジェの東屋。韓国語でジョンジャ。床を水床にしてアロマ効果も発揮するそうです。

内部は意外に広かった。サムスンの撮影後、敷地を広げたそうです。癒し系の空間でした。

お部屋の中。床が大理石になっている部屋も!
もっと驚いたのは部屋の中にトイレがついてたこと。

画像



           ↑一番気に入ったアグンというんですが、^^;;
 もともと「アグン」とは、韓国独自のもので部屋を暖かくするために火を炊く場所。^^
 だけど、ここでは汗蒸幕のためです。

アグンの右のところの門に入ると特製汗蒸幕
(チムジルバン)。宿泊の皆さんは無料で使いたい放題。
また、オーナー特製の伝統酒もサービスしてくれま〜す。

細かいサービスや超キレイなゲストハウスだけにお値段は結構な額でビックリだけど、
まあ〜ステキなところだから許しちゃおう!

でも、こうなるとツアー代金がアップするから、難しいんですよね〜^^ とにかく、こういう韓屋に一度は住んでみた〜い!!一日でした。


詳しくは

http://yonsama.co.kr/




記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1


トップへ | みんなの「韓国旅行」ブログ

韓国・韓流・旅行好き集まれ〜! 韓国旅行のテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる